舌の良性腫瘍
ここでは舌の病気の中でも、舌の良性腫瘍について詳しく説明していきます。

舌にも腫瘍ができることがあります。腫瘍には良性のものと悪性のものすなわち癌とがあり、舌に出来る悪性の腫瘍に対しては「舌がん」呼びます。ここでは良性の腫瘍について説明していきますが、良性の腫瘍にも様々な種類が挙げられます。


sponsored link



【乳頭腫】

乳頭腫は舌の腫瘍の種類の中でも最もよく見られるタイプで、舌の上皮細胞が機械的刺激によっていわゆる「おでき」や「いぼ」といった腫瘍を形成してしまうものです。基本的には痛みを感じない事が多いですが、肥大すると痛みを伴うこともあります。刺激を与えている原因を取り除けば治りますが、肥大して痛みを伴う場合には切除も考慮する必要があります。

【線維腫】

舌のコラーゲン線維と繊維芽細胞が固まって出来るもので、機械的刺激が原因となっていることが多いです。触ると固い芯が感じられ、痛みはほとんどなく不快感程度ですが、稀に強く痛むこともあります。腫瘍部分を切除すれば治ります。

【血管腫】

血管腫は血管に似た細胞が増殖してできる腫瘍です。舌にできる血管腫は、淡青色や青紫色の腫瘍が見られるのが特徴です。舌の表面にできる単純性血管腫と、舌の深部にまで及ぶ海綿状血管腫とがあります。進行すると舌が肥大する巨舌症となることもあり、口内を圧迫して会話や食事に支障を来たします。腫瘍部分を切除すれば治りますが、肥大したものを切除するのは難しくなるため、大きくなる前に切除することが理想です。その場合、レーザー療法や凍結療法などが検討されます。


sponsored link



【リンパ管腫】

舌のリンパ管腫は大きく拡張したリンパ管によって腫瘍ができるもので、青紫や黒っぽい色の腫瘤が認められます。毛細管リンパ管腫、海綿状リンパ管腫、嚢状リンパ管腫などの種類があります。肥大すると血管腫同様に巨舌症となることもあるので注意が必要となります。

【ブランディンヌーン嚢胞】

ブランディンヌーン嚢胞とは、下唇や舌先の裏側にできる唾液が溜まって出来る袋状の腫瘍です。唾液腺は作られるのに口内へ流れていかないことが原因となります。青紫色の水ぶくれのような形状をしています。よく似た症状を現すものに「ガマ腫」というのがあり、見た目も発生場所なども似ていますがガマ腫は舌下腺に関係するものです。


このページを見た方は次のページもよくご覧になっています。


⇒ 舌がん

⇒ 舌の色が黒い

⇒ 舌の色が青い

⇒ ドライマウス

⇒ アフタ性口内炎




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
sitanobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。