舌の色が赤い
ここでは舌が赤い場合に考えられる病気について、詳しく説明していきます。

舌の色がおかしい、赤い色が強く出ているような気がする、赤いだけでなく腫れてきた、などなど舌が赤いと不安になります。舌の色は健康な時は綺麗なピンク色をしているので、赤い色が強く出ている場合は何かしらの病気の可能性が高まります。舌が赤くなる病気にはどのようなものがあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。


sponsored link



【口内炎】

舌に赤いぶつぶつができている場合は、口内炎の症状の場合があります。口内炎には一般的によく見られるアフタ性口内炎が挙げられますが、他にもヘルペス性口内炎口腔カンジダ症による口内炎も、水疱が潰れると赤くただれて痛みを伴います。

【舌炎】

舌に炎症が起こっている状態を舌炎と呼びますが、舌炎を起こす原因は数多くあります。鉄分や亜鉛、ビタミンB12など栄養素が不足することで起こるものや、ヘルパンギーナ手足口病など感染症によるもの、自己免疫異常によるベーチェット病など、様々な病気の症状として現れることがあります。

【舌扁桃炎】

舌の付け根辺り、口蓋垂(のどちんこ)の奥にある舌扁桃が炎症を起こすものを舌扁桃炎と言います。舌の奥の方が全体的に赤く腫れるのが特徴です。舌扁桃炎は様々な感染症によって起こるものが大半ですが、中には更年期障害や自律神経失調症などが原因となっている場合もあります。


sponsored link



【イチゴ舌】

溶連菌感染症の中で舌に症状が出るものを猩紅熱と呼び、この病気はイチゴ舌と呼ばれる特徴的な症状を起こします。舌がいちごのように赤くブツブツとした状態になります。

【紅板症】

舌がんの中に紅板症というものがあります。発症率は非常に稀ではありますが、癌化率が非常に高いため発見時にはすでに上皮がんとなっていることも少なくありません。口腔カンジダ症などの赤色病変や血管腫などとの鑑別が重要となります。


このページを見た方は次のページもよくご覧になっています。


⇒ 舌がん

⇒ 舌の良性腫瘍

⇒ 舌の色が白い

⇒ 舌の色が黒い

⇒ 舌の色が青い




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
sitanobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。