糖尿病
ここでは糖尿病による舌の症状について、詳しく説明していきます。

糖尿病は、暮らしが豊かになった現代では非常に身近な病気の一つとして挙げられます。成人病とも呼ばれ、生活習慣が原因となる生活習慣病の代表的な病気でもあります。予備軍も含めると日本人の10人に1人が罹患するとも言われているほどです。そんな糖尿病にも舌の症状があります。


sponsored link



【糖尿病の三大合併症】

糖尿病は高血糖状態が持続することで体に様々な症状を引き起こす病気です。血糖値が高い状態が慢性的に続くと、その影響による合併症を引き起こす可能性が高まります。代表的な3つの合併症を糖尿病の三大合併症と呼び、それぞれ以下のような症状が挙げられます。

◆糖尿病性網膜症

網膜の血管が詰まって視力の低下を起こし、やがては失明に至ります。成人の失明原因の第一位でもあります。

◆糖尿病性腎症

腎臓の濾過機能が低下していき、やがては腎不全や尿毒症を引き起こすので、人工透析が必要となっていきます。

◆糖尿病性神経障害

血流障害によって全身の末梢神経への伝達が障害され、手足がしびれたり感覚が鈍るなど神経性の症状が現れます。悪化すると壊疽を起こすこともあります。


sponsored link



【糖尿病と舌の症状】

糖尿病性神経障害の症状としては、まず指先や足先などの末梢神経に影響が出ますが、時に舌の神経に影響を及ぼすことで、舌がピリピリとしびれて痛んだり味覚がおかしくなったりなどの舌咽症状を起こすこともあります。味覚異常はなかなか自分では気付きにくく、さらに味の濃いものを求める結果、病気を進行させ症状が悪化することもあるため、注意する必要があります。


このページを見た方は次のページもよくご覧になっています。


⇒ ビタミン・ミネラル不足

⇒ ドライマウス

⇒ 舌痛症

⇒ 神経麻痺

⇒ 舌がん




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
sitanobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。