口腔アレルギー症候群
ここでは舌の病気の中でも、口腔アレルギー症候群について詳しく説明していきます。

口腔アレルギー症候群とは、花粉症などのアレルギーを持つ方が特定の食物を食べることで口腔内にアレルギー症状を起こす病気です。食後に唇や舌や喉などに症状が現れますが、花粉症と同様に目や鼻にも症状が現れることも多く見られます。


sponsored link



【口腔アレルギー症候群の原因】

口腔アレルギー症候群を起こす原因は、アレルゲンとなる食物を食べることです。代表的なものがりんごや梨、桃やいちごといった果物からアーモンドやピーナッツなどの豆類などが挙げられます。特にバラ科やウリ科などに属する果物によく見られます。北海道に多いシラカバや関東に多いブナ科、西日本に多いオオヤシャブシなどにアレルギーを持つ花粉症の方に発症しやすいです。
また、果物のアレルギーがある方の場合は、天然ゴムでアレルギーを起こすことも多く見られます。

【口腔アレルギー症候群の症状】

口腔アレルギー症候群の症状は、かゆみや痛み、腫れや発赤などのアレルギー症状が唇や口内に現れるものです。症状が強いと吐き気や腹痛、下痢などの症状を起こすこともあり、さらにひどい場合は喘息症状やアナフィラキシーショックを起こして呼吸困難やショック状態に陥る恐れもあります。
また、目や鼻などにも花粉症の時と同様の症状が現れることもあります。


sponsored link



【口腔アレルギー症候群の治療】

口腔アレルギー症候群だけでなくすべてのアレルギーに対して言えることですが、まず第一にアレルゲンを取り入れないことが重要です。摂取して症状が現れた場合には、抗ヒスタミン作用のある抗アレルギー薬やステロイド薬を服用することが必要となります。呼吸困難やショック症状が現れた場合には、直ちに救急搬送し医療機関で処置を施す必要があります。


このページを見た方は次のページもよくご覧になっています。


⇒ 神経痛

⇒ 舌痛症

⇒ ビタミン・ミネラル不足

⇒ 糖尿病

⇒ ベーチェット病




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
sitanobyouki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。